リスクアセスメント入門マニュアル
戻る 目次ページへ 次のページへ
リスクアセスメントの手順と活用及び効果
2.【リスクアセスメントの効果】

 リスクアセスメントは、職場に存在する危険性又は有害性を直接把握し、その程度を明らかにして、優先順位に基づき必要事項を決定し、リスクを減少させていくための手法で、多くの方々がこの「リスクアセスメント」を活用して、工事現場における安全衛生の意識が広く作業員までに浸透し、一層の安全衛生水準の向上が期待されます。
 また、リスクアセスメントを継続的、体系的に実施することにより、ノウハウとして蓄積し、伝承することにより会社・現場の安全衛生管理のレベルアップに役立ちます。
 更に、リスクアセスメントを導入することにより、以下のような効果も期待されます。

1)

 リスクに対する認識を共有できます。

 リスクアセスメントは、現場の作業員等の参加を得て、所長、主任等とともに進めるので、職場全体として安全衛生のリスクに対する共通の認識を持つことができるようになります。

2)

 本質安全化を主眼とした技術的対策への取組みができます。

 リスクアセスメントではリスク見積り結果に対応した安全対策を選択することが必要になるため、本質安全化を主眼とした技術的対応策への取組みを進めることになります。

3)

 安全対策の合理的な優先順位が決定できます。

 リスクアセスメントの結果を踏まえ、リスクを低減させる必要がありますが、リスクの見積り結果等によりその優先順位を決定することができます。

4)

 費用対効果の観点から有効な対策が実施できます。

 リスクアセスメントにおいて明らかになったリスク見積り結果やリスク低減対策ごとに緊急性と人材や賃金など、必要な経済資源が具体的に検討され、費用対効果の観点から合理的な対策を実施することができます。

5)

 残留リスクに対して「守るべき決めごと」の理由が明確になります。

 技術的、時間的、経済的にすぐに適切なリスク低減対策ができない場合、必要な管理的措置を実施した上で、対応を作業員等の注意に委ねることになります。
 この場合、リスクアセスメントに作業員等が参加していると、なぜ注意しなければならないかの理由が理解されるので、守るべき決めごとが守られるようになります。

戻る 目次ページへ 次のページへ
建災防北海道支部ホームページへ