リスクアセスメント入門マニュアル
戻る 目次ページへ 次のページへ
リスクアセスメントの実施体制と準備
1.【リスクアセスメントの実施体制】
(誰が参加するのか?  誰がリスクアセスメントを行うのか?)
  リスクアセスメントを実施していくために、元請、専門工事業者の役割に違いは余りなくそれぞれが実施しなければなりません。
  しかし、同一場所で、各社が混在して行う作業においては、その工事全体を請け負った元請が、工事の危険性又は有害性を十分把握できる立場にあることから、元請の役割として「リスクアセスメント」を実施し、対策を決定し、その結果を専門工事業者に情報として提供することが求められています。

1) 店社における実施体制

 企業全体がリスクアセスメントに取組むために、店社において次の準備が必要です。

(1)

 経営トップがリスクアセスメントを導入することを表明し、事業の実施を統括管理する者に調査等を実施させます。

    (2)  リスクアセスメント実施体制を整備します。
@

 原則として安全衛生部門及び工事部門の管理者等が主体として実施します。

      A  リスクアセスメントを実施するための役割、責任区分等を取決め、実施するための体制を作ります。
      B  リスクアセスメント実施体制は、店社にあっては経営者、安全衛生部門及び工事部門の管理者等で構成します。
(3)

 リスクアセスメントの手順を定めます。

 会社の規模、業種に応じた適切なリスクアセスメントを実施する具体的な手順を定めます。

(4)

 過去の情報のデータベース化を図ります。

@

 リスクアセスメントの実施にあたっては、過去の労働災害・事故等の事例、施工計画の事前審査結果、機械・設備・工法の情報、安全衛生パトロールの実施結果、健康診断の結果等の資料を活用することが大切です。

      A  店社は様々な情報を集め、リスクアセスメントのステップに沿って情報を整理し、工事現場が活用しやすい形にデータベース化しておきます。
      B  データベース化の形態については、必ずしも電子化の必要はなく、会社の規模や実態に応じて過去の情報を整理し、容易に利用できるようにしておきます。

2) 工事現場(作業所)における実施体制

(1)

 統括安全衛生責任者又は所長が実施を統括管理し、工事主任、職長、作業者等で構成します。

    (2)  原則として、工事主任等作業の指揮監督する者のほか、現場を直接管理する職長、安全衛生責任者等が主体で実施します。
    (3)  工事現場の作業者全員にリスクアセスメントについて、次の事項を周知し、参加させます。
@

 リスクアセスメントの趣旨

      A  リスクアセスメントの実施内容
      B  リスクアセスメントの実施体制
戻る 目次ページへ 次のページへ
建災防北海道支部ホームページへ