リスクアセスメント入門マニュアル
戻る 目次ページへ 次のページへ
リスクアセスメントの実施方法
3.【リスクアセスメント5つのステップ】
 リスクアセスメントは次の5つのステップで実施します。

【 STEP 1 】 : 危険性又は有害性の特定

    【 STEP 2 】 : リスクの見積り
    【 STEP 3 】 : リスク低減対策内容の検討
    【 STEP 4 】 : リスク低減対策の実施
    【 STEP 5 】 : 実施内容の記録
 
  リスクアセスメント STEP 1〜5
実施の準備 @ 経営トップの導入表明と実施の統括管理(店社)
A 実施体制の整備(店社)
B 手順の策定(店社)
C 過去の情報のデータベース化(店社)
D 統括安全衛生責任者が統括管理(工事現場)
E 工事主任等が主体で実施(工事現場)
F 趣旨、内容等の周知
G 対象の選定(実施する工事、工種、作業等の決定)
H 情報の入手
STEP1   @ 作業を順序だてて分解する
A 危険性又は有害性の洗い出しと分類
B 危険性又は有害性の特定
STEP2   @ 特定した危険性又は有害性についてのリスクの見積り
A 負傷又は疾病の対象者及び内容の予測
B 機械設備、作業等の特性に応じての見積り
C 優先度の決定
STEP3   @ 対策の優先順位を決定
A リスク低減対策の検討
STEP4   @ 低減対策が著しく合理性を欠く場合を除き、低減対策を実施
STEP5   @ リスクアセスメント及び対策等の実施内容の記録
戻る 目次ページへ 次のページへ
建災防北海道支部ホームページへ