リスクアセスメント入門マニュアル
戻る 目次ページへ 次のページへ
リスクアセスメントの実施方法
2.【リスクアセスメント実施にあたっての主な留意事項】
1)

 留意事項

 建設業に適合したリスクアセスメントを実施するにあたって、留意すべき事項は次のとおりです。

(1)

 リスクアスセントは、工事の工程別にすべての作業について行います。このためには、リスクアセスメントをデータベース化しておくことが必要です。
 また、明らかに軽微なものは、対象から除外しても差し支えありません。

    (2)  リスクアセスメントのデータベース化は、工事の工程にあわせて作業や工法を区分して行います。
    (3)  作業内容によっては、リスクが別な作業に影響を与えていることがあります。
 これらの影響を考慮に入れて、リスクの低減対策(実施すべき事項)を決定することが必要です。
    (4)  リスクへの対応は、「除去→低減」の順序で検討します。
    (5)  施工する工事によっては、同じ状態で同じ作業の繰り返しで仕事をすることがあります。
 この場合は、予めチェックリストを作成しておくことで、リスクアセスメントの進め方を効率化することができます。
    (6)  工事現場は、店社で作成したリスクアセスメントのデータベースを、施工する工事の内容にあわせて見直しを行い、活用します。
 また、決定したリスク低減対策は必ず実行します。
    (7)  工事現場で創意工夫した安全衛生上の措置(改善策)をデータベースに活かします。
    (8)  既存のデータベースが活用できない場合は、新たにリスクアセスメントを実施します。
    (9)  データベースの活用に建設業労働災害防止協会発行の「建設業における危険有害要因特定標準モデル」等が活用できます。
2)

 リスクアセスメントに役立つ労働災害データ分析の活用

 リスクアセスメントを的確に行うには、過去の労働災害データの統計分析等の科学的アプローチが効果的ですが、自社で発生した労働災害が少なく、どのような作業に労働災害が発生していて危険なのか、明確ではありません。
 そこで、作業のリスクが高いか低いかを判断する一つの目安になる、労働災害データの統計分析に基づく工事別・作業別に危険性又は有害性を特定している「建設業における危険有害要因特定標準モデル」を参考にすることも一つの方法です。

戻る 目次ページへ 次のページへ
建災防北海道支部ホームページへ