リスクアセスメント入門マニュアル
戻る 目次ページへ 次のページへ
リスクアセスメントの実施方法
1.【リスクアセスメントの活用】

 建設業におけるリスクアセスメントは、店社と工事現場がさまざまな情報を活用して、それぞれで実施します。
  店社は、会社全体として建設工事における安全衛生を確保するため、工事現場は施工する工事の特性(施工条件)を考慮しながら、その工事の安全衛生を確保するためにリスクアセスメントを実施することになります。

店社と工事現場の一体化した安全衛生管理の概念図

 
1)

 店社におけるリスクアセスメント

@

 情報源として過去に発生した自社や他社の労働災害、施工計画事前審査結果、安全衛生パトロール結果等を活用し、会社全体の安全衛生上の不十分な点(弱点・欠点)を特定し、改善していくことにあります。

    A  個々の工事現場では、対応することができない安全衛生の確保のための必要な措置について、店社でその対応策を検討し、工事現場と協力してその対応を実施に結びつけていきます。
    B  工事現場の工事安全衛生方針の表明、工事安全衛生目標の設定、工事安全衛生計画作成の方向付けのために、単に年(年度)ごとに店社の安全衛生の考え方を示すだけのものではなく、店社自ら会社全体として安全衛生の確保のために実施すべき事項を決定し、これを実行していく役割があります。
    C  店社は、工事現場において、施工する工事の安全衛生を確保するための、重要な活動であるリスクアセスメントが効果的に進められるよう、又、会社として安全衛生を確保するため、これまでに培った労働災害防止のノウハウが会社内に蓄積され継続ができるよう、さまざまな情報源について日頃から集約整理しておくことがリスクアセスメントにおける会社の果たす重要な役割となります。
    D  建設業は工事の進捗とともに作業内容が変わるので、工事工程における危険性又は有害性の除去策、低減策(実施すべき事項)を、予め集約整理(データベース化)し、会社内で共有化しておき、工事の都度、いつでもこのデータベースが活かせるようにしておくことが、何よりも重要です。
2)

 工事現場におけるリスクアセスメント

@

 店社で蓄積した危険性又は有害性と、そのリスク低減対策(実施すべき事項)のデータベースを活用しながら、施工する工事の特性(施工条件)を考慮に入れて、工事工程に対応して予測される危険性又は有害性を特定し、そのリスク低減対策の内容を検討し決めることにあります。

    A  危険性又は有害性のリスク低減対策から、施工する工事全体の安全衛生確保のために重要な対応策は、工事安全衛生目標、工事安全衛生計画に反映させる必要があります。
    B  各々のリスク低減対策は工事を進めながら実施していくことが必要です。
戻る 目次ページへ 次のページへ
建災防北海道支部ホームページへ