一般社団法人函館建設業協会の生い立ち
大正2年、竹内新太郎、村木喜三郎、近藤源吉らが中心となり函館土木建築組合を結成。大正13年・道庁認可団体函館土木建築請負業組合に改組。昭和17年・企業整備令により函館では今井久吉、高木組、瀬崎初三郎、道南土木建設、函館土木建築、森川平治などの6社が残る。
昭和23年・協同組合法により、函館土木建築協同組合となる。昭和24年・函館土建協会と改称。昭和42年・函館建設協会と改称。昭和49年社団法人函館建設業協会に改組し平成24年一般社団法人函館建設業協会になり現在に至る。
会 員 名 簿      R3.4現在
組織図
会  員  名   (50音順)
荒井建設(株)
函館営業所
工藤建設(株)(奥尻)
(株)田中組
函館支店
(株)松本組
(株)石井組 (株)河野組 (株)田端本堂カンパニー
函館支店
丸協土建(株)
(株)石岡組
近藤建設(株)
(株)田畑建設
(株)皆口組
石黒建設(株)
(株)斉藤組
帝都建設(株)
三好建設工業(株)
(株)伊関組
齊藤建設(株)
東陽建設(株)
(株)森川組
伊藤アスファルト
建設(株)
札建工業(株)
函館支店
戸沼岩崎建設(株)
(株)山崎建設
(株)今井工務店
(株)三和建設
中塚建設(株)
(株)山本組
岩倉建設(株)
函館営業所
正栄建設(株)
(株)中山組
函館営業所
横山興業(株)
(株)海老原建設 (株)菅原組 日新建設(株)
(株)吉川建設
(株)大森組
(株)杉沢組
能登谷建設(株)
吉建設(株)
(株)川村組
(株)相互建設
(株)林組
(株)若狭組
紀の国建設(株)
(株)高木組
(株)平林組
和工建設(株)
(株)工藤組
(株)高橋組
平谷折谷建設(株)
渡辺建設(株)
(株)工藤組(奥尻)
(株)高橋建設
星組渡辺土建(株)
工藤建設(株)
(株)舘洞
(株)前田組


リンク集

北海道開発局 函館開発建設部 渡島総合振興局 檜山振興局
函館建設管理部 建設業福祉共済団